*

嵐松本潤の性格を名言つきで徹底検証!

   

Pocket

嵐の松本潤さんと言えば、
あの凛々しい眉毛に整った目鼻立ちでイケメン!
というのが第一印象ではないでしょうか?

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所の中でも、
ジャニーさんに直接スカウトされた数少ない1人です。

そして、嵐の松本潤さんと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、
大ヒット作「花より男子」ではないでしょうか?

中でも、主題歌の「Wish」「Love so sweet」は、
8~10年前の曲にも関わらず、
嵐ファンの間でも根強い人気のある名曲となっております。

また、松本潤さんは、
嵐の俳優部門で名高い二宮和也さんに負けず劣らずと
言っていいくらい、数々のドラマ・映画に多く出演なさっております。

昔で言えば、「金田一少年の事件簿」「ごくせん」等、
最近のと言えば、「ラッキーセブン」「失恋ショコラティエ」等、
視聴率の高い質のいいドラマばかりで、
彼の人気の凄さと演技力のクオリティーの高さを実感させてくれます。

その上松本潤さんの出演するドラマは、
比較的恋愛ものが多く、彼のセクシーな姿を見たいが為に、
チャンネルを合わせてしまう女子も少なくないと思います。
松本潤さんは、ジャニーズでも数少ない、恋愛ものOKの役者さんだと思われます。

そんな松本潤さんの性格をエピソードつきで
徹底検証していきます^^

嵐松本潤は優しい性格?

「ひとりじゃないよ。俺も、嵐の皆も、ファンの皆も、
貴方のことを思っているよ。大丈夫、ひとりじゃないよ」
これは松本潤さんの名言の1つです。

結構心では思っていても口に出して言うことは少ないですよね。
ましてやこの言葉は、今まで松本潤さんが味わった孤独があったからこそ、
語ることのできる言葉だと思います。

10代の頃は、他のメンバーと一緒ではない仕事が多く、
周りは皆、自分より年上。

いつも今自分が出来る以上のことを求められ、出来れば出来て当たり前。
常に鬱屈した状態にあったと思われます。

確かにその頃、松本潤さんは、
「あの時期は訳もなくイライラしたり、自分にも腹が立っていた。」
と発言しています。

そんな時側にいて、彼を温かく見守り続けてくれたのが、
リーダーの大野智さんです。

松本潤さんは大野智さんのことをマイナスイオンの様な人だと表現しています。
そして今、番組内で松本潤さんの姿を拝見する度、
彼がいつも目立たぬ様、他のメンバーを気遣い、フォローしている姿が目に入ります。

大切な人がいつも笑顔で幸せに居られる様に、いつも側で最善を尽くす、
そんな優しさを秘めた男、それが松本潤さんなのではないでしょうか?
松本潤 うちわ 2

嵐松本潤は男らしい性格?

誰がなんと言おうと彼は男らしい!です。

「VS嵐」でのヒリヒリ感、あれは絶対演出ではないでしょう。
ゲームも終盤に入り、嵐チームの勝利は確実!と誰もが思い始めた頃、
彼の「ヒリヒリ」は目を覚まします。

例えば、コロコロバイキングでの得点エリアの50ポイントを、
負けているゲストさんチームだけ100ポイントに変えたり、
自分のチームのマイナスポイントを増やしてみたり、様々です。

最近では、キッキングスナイパーでの、
「俺ら、1ピンづつでいいよ!」発言でしょうか。

その時はプラスワンゲストのバナナマン・日村さんが見事倒し、
事無き得たのですが、もし倒せなかったら・・笑うしかないですね!

結果はどうであれ、常にスリリングな展開に自分を追い込み、
逆境になっても臆さず立ち向かっていくあの姿勢が、
たまらなく愛おしいですよね。

また、松本潤さんは何にでも一生懸命です。
ライブでも、自分で演出を手掛けているのですが、
色々トラブルがあっても自分の意見、意志を曲げず、
最後までやり通す男気は、流石!としか言えません。

そんな松本潤さんの姿勢に惚れてしまう
男性の方々も少なくないでしょう。
男の中の男、それが松本潤さんです。

嵐松本潤は実は天然?

昔、「ひみつの嵐ちゃん」で、ゆるキャラがゲストだった時、
テレビであることも忘れて、ゆるキャラに抱き付き
プライベートなことを聞きまくり、皆座っているというのに、
番組中、1人だけゆるキャラの側に立ち、彼らから離れない!
という出来事がありました。

二宮和也さんが必死にフォローしていましたね。
そして、数々の番組で際立つ彼の天然発言。

あまりにもストレートに思ったことを発言しすぎる為、
周りが引いてしまう傾向のある彼ですが、悪気は全然ない上、
何で引かれているかもよくわかっていない様子です。

そして彼のこんな愛すべき1面は、
バラエティ番組嵐にしやがれの松本潤さん企画、「This is MJ」の中で、
垣間見ることができます。

いまや嵐は、
日本でナンバーワンのアイドルグループと言っても過言では無い
グループへと成長しました。

松本潤さんの名言でこんな言葉があります。
「嵐と言う意味は、山はこれから僕達が登っていく高い壁。
風はその僕達が高い壁を乗り越える時、
ファンの皆が風をふいて僕達を楽にしてくれる。」
彼の人となりが伺える言葉だと思います。

ライブとなれば、抜群の演出力で、私達のハートを鷲掴みにし、
またテレビとなれば、時折顔出すお茶目なギャップが、
私達を魅了して止みません。

さあ、皆さん、
今年も幸せにしてもらえる魔法をかけてもらいに彼の元へ行きましょう。
きっと彼は、満面の笑みで迎えてくれますよ。
嵐ランドチケットの一般販売はいつ?ファンクラブ入会間に合う?

スポンサーリンク

まとめ

松本潤さんはイケメンということだけではなく、
優しくて、男らしい性格です。
そこに加えて、天然!
私たちの心を鷲掴みにする理由もわかりますよね^^

松本潤さんのマイナスイオン、大野智さんのエピソードはこちら
嵐大野智の性格エピソード!イケメンで芸術の才能に溢れる!

スポンサーリンク

  関連記事

ワクワク

嵐ワクワク学校2015の申込方法は?二次募集の申込方法!

Pocket今回は、『嵐のワクワク学校2015~日本がもっと楽しくなる四季の授業~』 の一次募集で落

vs嵐

【VS嵐】7月23日感想!7月30日は浜中文一が登場!

Pocket大野さんの7年ぶりの個展、 「FREE STYLEⅡ」の紹介から始まった、 7月23日の

嵐 カラー キャッチ

嵐ライブ2015[嵐blast in miyagi]宮城県で開催!仙台からのアクセス

Pocketついに嵐が2015年のライブ開催を発表しました。 タイトルは「嵐blast in miy

嵐 宮城

「ARASHI BLAST in Miyagi」グッズ先行販売はいつから?入場券は?

Pocketこんにちは! ファン歴3年、まだまだ弱輩者ですが、 3度の飯より嵐さん大好き!マロン星人

二宮和也

嵐二宮和也の性格まとめまくり!大野智との不仲説はただの嫉妬?

Pocket大人気嵐のメンバーの中での俳優部門担当といえば、 やはり二宮和也さんですよね。 あなたに

嵐 宮城

【嵐宮城ライブ】一般チケット発売日決定!ゲットする3つの秘訣!

Pocket皆さん、来ました~!! 朗報です!! 『ARASHI BLAST in  Miyagi』

嵐にしやがれ

【嵐にしやがれ】9月19日感想!石原さとみと金沢でお忍び!!

Pocketこんにちは! 9月19日の嵐にしやがれの感想をお届けします! 9月19日の「嵐にしやがれ

嵐にしやがれ

嵐にしやがれ8月1日感想!Hey!Say!JUMP登場!

Pocket「先輩・後輩、関係ナシ、 ジャニーズガチンコ対決」 と称して、ゲストで登場したのは、 今

vs嵐

【VS嵐】9月3日感想!次回は9月24日!

Pocket始まりました!VS嵐。 まずは9月2日発売の 嵐さん達の新曲 「愛を叫べ」の披露からです

嵐 カラー 4

嵐ランドチケットの一般販売はいつ?ファンクラブ入会間に合う?

Pocket先日、「嵐ランド」が開催されることが決まりました! 「嵐ランド」とは宮城で開催される 「

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
KIS-MY-WORLDライブDVD!値段や発売日、内容は?

Pocketこんばんは!chokoです♪ 本日、キスマイツアー 「KIS-MY-WORLD」 の追加

no image
関ジャニ新曲【侍唄】はレキシ作詞作曲!内容や値段、特典は?

Pocketみなさんこんにちは!eighterのサユリです。 ここのところ、関ジャニ∞はニュースが盛

関ジャニ カラー 4
【関ジャニ∞】元気が出るCDの曲の内容や値段は?特典発表!

Pocketみなさんこんにちは!Eighterのサユリです。 さあ、お待ちかねの「関ジャニ∞の元気が

vs嵐
【BET de 嵐 2015】10月1日のVS嵐感想!ロナウド登場!

Pocketこんにちは! 今回のVS嵐は、久々の特別編「BET de 嵐」、嵐のメンバー対メンバーの

関ジャム
【関ジャム 完全燃show】9月27日感想!又吉が出演!

Pocketこんにちは、Eighterのサユリです。 次の日のことを考えるとなんだか憂鬱な日曜の夜。